来年で活動休止の嵐 YouTubeチャンネル今さら開設の狙い

公開日: 更新日:

 アイドルグループ「嵐」が9日にYouTubeチャンネルを開設。デビュー曲の「A・RA・SHI」を含む5曲を配信し、登録者数は115万人(11日現在)を超えた。またSpotify、Amazon Musicなど、定額制の音楽ストリーミングサービスでの楽曲配信もスタート。

 ネット上では〈さすが嵐〉〈つい見ちゃった〉〈他の曲も公開して欲しい〉と歓喜のコメントが相次いだ。

ジャニーズ事務所はネットを使ったビジネスには消極的でしたが、近年は大きな変化が続いています。会見で撮った写真をタレントの肖像権保護を理由にネットニュースへの掲載さえ認めていなかったのに、昨年2月にそれを解禁。今年5月には山下智久さんが所属タレントとして初となる公式インスタグラムも開設しました」(スポーツ紙デスク)

 山下のインスタグラムは開設から約7時間半後には登録者数が100万人を突破。現在は約370万人にまで増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る