「閉鎖病棟」で激しい暴行シーンに挑戦した小松菜奈の今後

公開日: 更新日:

「ディア・ドクター」以来10年ぶりとなる笑福亭鶴瓶(67)の映画主演作「閉鎖病棟―それぞれの朝―」が、今月1日に封切られて話題になっている。長野県の精神科病院が舞台で、鶴瓶が演じるのは死刑執行が失敗して生きながらえた元死刑囚。映画自体が衝撃的な内容なのだが、もっと驚くのが不登校になって入院する女子高生役の小松菜奈(23)の迫真演技だ。小松はシャネルのアンバサダーを務めたモデルで、女優としてはキラキラとした可愛らしい役柄が多かったが、今回で完全に“脱皮”した。

 不登校になって入院した原因は義父からの性的暴行で、映画ではそのシーンが生々しく描かれているが、それだけではない。病院内で居合わせた別の患者にボコボコに殴られ、鼻血を流しながら性的暴行を受ける役柄にも小松は挑戦した。

 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る