• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅田将暉らが海で溺れかけ…現場は“険悪”女流監督の評判

 河瀬直美(47)や西川美和(42)に続けとばかりに女流監督が台頭する邦画界。しかし、「若き天才」と呼ばれる監督の評判が芳しくない。公開中の映画「溺れるナイフ」でメガホンをとった山戸結希(27)だ。

 いま最も旬な俳優&女優、菅田将暉(23)と小松菜奈(20)のダブル主演で話題をさらった同作だが、その舞台裏は最終的に公開できるのかどうか最後まで不安視されていたんだとか。

 一番の見どころである海のシーン。主演の2人が海の中で演技する撮影現場では、「監督の指示が二転三転したせいで、菅田と小松が本当に溺れかけ、タイトルが笑えないなんて事態になったそうです。現場のムードは終始険悪で途中から監督とキャストはまともに会話できない状況となり、予定していたテークが撮り切れなかった」(事情に詳しい関係者=以下同)。

 出演者や関係者向けに行われる初号試写には、主演俳優2人が欠席するという異例の事態に……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る