菅田将暉らが海で溺れかけ…現場は“険悪”女流監督の評判

公開日: 更新日:

 河瀬直美(47)や西川美和(42)に続けとばかりに女流監督が台頭する邦画界。しかし、「若き天才」と呼ばれる監督の評判が芳しくない。公開中の映画「溺れるナイフ」でメガホンをとった山戸結希(27)だ。

 いま最も旬な俳優&女優、菅田将暉(23)と小松菜奈(20)のダブル主演で話題をさらった同作だが、その舞台裏は最終的に公開できるのかどうか最後まで不安視されていたんだとか。

 一番の見どころである海のシーン。主演の2人が海の中で演技する撮影現場では、「監督の指示が二転三転したせいで、菅田と小松が本当に溺れかけ、タイトルが笑えないなんて事態になったそうです。現場のムードは終始険悪で途中から監督とキャストはまともに会話できない状況となり、予定していたテークが撮り切れなかった」(事情に詳しい関係者=以下同)。

 出演者や関係者向けに行われる初号試写には、主演俳優2人が欠席するという異例の事態に……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る