中国で司会し英語も堪能 D・フジオカ“逆輸出俳優”になる日

公開日: 更新日:

 2015年のNHK朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役で鮮烈な印象を残した俳優のディーン・フジオカ(39)。現在放送中のフジテレビ系月9「シャーロック」では主演を務めている。

 かつて香港や台湾でモデル・俳優として活動していたディーンは、中国語が非常に流暢なことで知られる。

 そんなディーンが11月28日、中国最大のSNS「ウェイボー(微博)」が開催したイベントで人生初の司会を担った。活躍する日本の著名人らを表彰するもので、ディーンは中国語で司会進行。「まさか自分が司会者の仕事をする日が来るとは思わなかった」などと語りながらも、大イベントをつつがなく終了させたようだ。

 実際、ディーンの中国語はどの程度のものなのか。

 当日イベント会場にいた、都内のマーケティング会社に勤務する在日中国人の30代女性に、ディーンの中国語のレベルについて尋ねてみたところ、こんな答えが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る