賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

公開日: 更新日:

 ところが、「あな番」に続いた今期の「ニッポンノワール」は、「今日俺」の賀来賢人(30)を主演に、「3A」の後日談的な作品という触れ込みながら、平均6%台と、低調のまま。

「それでも“視聴率狙い”の姿勢とは明らかに一線を画していたと思います」と支持するのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 ただ、その日曜ドラマ枠は、来年1月から系列の読売テレビ制作枠に移管される。初回作は1月12日にスタートする清野菜名(25)&横浜流星(23)のW主演「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。

 前出の亀井徳明氏は、「“新生”日曜ドラマ枠で『今日俺』の清野と、『あな番』の横浜の2人を引っ張り出せたのは、この枠のファンとしてはうれしいはず」と、こう続ける。

「この枠の近作でインパクトを残した清野と横浜が“囲碁棋士”と“メンタリスト”という設定でバディーを組み、世の中の“クロ”を“処刑”していく……脚本は18年放送の『ブラックスキャンダル』(読売テレビ)の佐藤友治氏ということで、1980年代の『ザ・ハングマン』的な爽快感も期待できます」

 読売テレビに移管される“日テレ日曜ドラマ”は、まあ、視聴率はさておき、「今日俺」と「あな番」ファンをきっちりつかみ、新たな日曜夜のお楽しみとなれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る