碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

天海祐希「トップナイフ」天才たちの群像劇と人間ドラマ

公開日: 更新日:

 天才外科医といえば、「ドクターX」こと大門未知子だが、こちらは天才脳外科医だ。「トップナイフ」の深山瑤子(天海祐希)である。

 医学界は天才でいっぱいだが、深山は大門のようなフリーランスではない。東都総合病院の脳神経外科所属。今出川部長(三浦友和)の指示で、新メンバーの「まとめ役」を担うことになる。

 ひとりは脳腫瘍で「神の手」を持つ天才、黒岩(椎名桔平)。次が深山にもタメグチの生意気な秀才、西郡(永山絢斗)。そして3人目は高偏差値の「ドジっ子」研修医、小机(広瀬アリス)だ。

 初回では深山と西郡、黒岩と小机がそれぞれペアを組み、2つの難手術を同時に決行。

 見せ場も2倍のぜいたくな展開となっていた。「ドクターX」の大門ワンマンショーもいいが、タイプの異なる天才たちによる「群像劇」も大いに見応えがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る