綾瀬はるか“噛み司会”もはや名物に それでも愛される理由

公開日: 更新日:

 総合司会の内村光良(55)、白組司会の嵐・桜井翔(37)と共に紅組司会を務めた綾瀬はるか(34)。紅白の司会は4年ぶり3回目となるが、一部ではミスが“名物”となっていた。

 12月29日に行われた会見では、内村が「本番でフタを開けてみないとわからない綾瀬さんの魅力を私と桜井くんがどうやって支えていくのか。ドキドキしています」と発言した直後にイヤリングがポトリと外れるハプニング。会場は笑いに包まれ、早くも“持ってる感”を見せつけた。その後、記者に言い間違いについて問われると「もちろんノーミスを目指します」と笑顔で宣言。

 しかし本番当日、冒頭の第一声で「紅組司会の綾瀬はるかです。紅組の司会は3回目となりますが……」と言おうとしたところ「紅組の司会めは」と早くも1噛み。4組目の「GENERATIONS(ジェネレーションズ)」に話しかけるシーンでは、「ジェネロー……ジェネレーションズさんも」と2噛み目。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る