NHKで明らかに テレ朝「ポツンと一軒家」がウケる理由

公開日: 更新日:

 正月三が日のNHK「新春TV放談」は、各放送局のアナウンサーやプロデューサーが垣根を越えてテレビについて語り合うトークバラエティーで、毎年の注目は「人気番組ランキング」だ。視聴率ではなく、10~70代の視聴者に「どの番組が好きだったか」「どの番組をよく見たか」をアンケートするもので、前の年に実際に楽しまれていた番組がひと目でわかる。

 この2日の放送で発表された「2019年のバラエティーランキング」の上位は、1位「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、2位「水曜日のダウンタウン」(TBS系)、3位「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)だった。「ポツンと」は前年の25位からの大躍進で、その理由をテレビ東京の名物プロデューサー佐久間宣行が解説したのだが、さすが制作現場のプロは見ているところが違った。

「とにかくスタッフが丁寧なんですよ。一般の方に対する接し方が、今までのテレビバラエティーで一番丁寧です。スタッフ同士の会話も敬語で、そこの徹底的なマナーができてて、そこが気持ちよく見れるというのが、(人気になった理由として)結構あると思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る