東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

公開日: 更新日:

 東出昌大(31)との3年不倫が明らかになり、望まぬ形でその名が知れ渡ることとなった女優の唐田えりか(22)。清楚な見た目とは裏腹に東出のオフショットと思しき寝顔写真をアップするなど、交際を示唆する「匂わせインスタ」だと批判を浴びた自身のインスタグラムは、報道から2日後の24日以降、閲覧不可能になっている。

 それと時を同じくして、伊藤英明(44)主演のTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜22時~)への出演自粛が所属事務所「フラーム」のホームページで発表されたのだが、現場からはこんな声も――。

「出演自粛とはソフトな表現ですが、要は降板です。唐田は不倫報道後もドラマの収録に参加しており、4話までは撮り終わっていましたが、結局、出演シーンは全てカットとなりました。同じ事務所の松本穂香のバーターでチョイ役での出演でしたが、不測の事態に変わりはない。制作現場は再編集を余儀なくされ、てんやわんやですよ」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る