小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

小劇場のようなワンシチュエーション会話劇…好物です!

公開日: 更新日:

 最近はとても笑えないニュースが多く、とくに新型肺炎の動向については心配が募るばかりですが、「マスクだ、とにかく子供用は今から確保しないと必ず品薄になる」と新型ウイルス発覚の時点で言い始めていた妻の危機管理能力(のんきに構えてて怒られる僕)には感服。というか、もうホント生活面でこの人には一生かないません(人としても)。

 皆さまも情報の収集と精査は慎重に。流言飛語に惑わされず、己の価値観を過信せず、自分の手の届く範囲の人たちを大切に、ベストを尽くしてください。僕も頑張ります。小手伸也です。

 そんな中(という切り替え方も乱暴ですが)、WOWOWのオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の第2話が先週オンエアとなりました。ご視聴くださった皆さま、ありがとうございました。鈴木おさむ先生脚本の「SF風コメディー」で、一時を平和に笑って過ごしていただけたのならコレ幸いですが、正直、撮影時の出演者4人(要潤さん・浅香航大さん・須賀健太さん・僕)は完全に疲弊してました(笑い)。

 というのも、おさむさんの本って常に演者を試しにきてるフシがあるというか、「やれる? もっといけるでしょ?」みたいなオーラをビシビシ感じるんです(僕だけ?)。そうなるとコチラも火がつくというか、全力で飛ぼうとしちゃうんですよね。だから疲れる(笑い)。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道