鈴木杏樹と不倫…喜多村緑郎の悪名「典型的なモラハラ夫」

公開日: 更新日:

■「今後も反省しないタイプ」

 家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「典型的なモラハラ夫。楽屋で奥さんに高圧的な様子も報じられていますし、女性に運転させるのもよくある行動。このタイプは自尊心が非常に高く、ドライブ中に彼女の運転を監督し、文句を言う。杏樹さんの謝罪文も“オレが考えてやった”と言っているように、本人は“世間知らずな女性にオレが教えてやってる”という常に上から目線。口がうまく、言い訳上手で人を言いくるめる話術に長けているのも特徴です。本人的には自分が一番なので、普通は臆して遠慮する名家、名門の高根の花でも平気で口説き、貴城さんや杏樹さんには新鮮で頼りがいのある男性に映ってしまいます。その半面、松也さんのお母さんに激高したり、貴城さんに謝罪がないのも“自分が正しい”という気持ちの表れ。不倫でも『オレが不倫するのは家庭が面白くないからだ』という論理ですから、今後も反省しないタイプです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る