北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

注目美少女の石井薫子ちゃんセンバツ応援イメージキャラに

公開日: 更新日:

 キリッとした表情もキマるし、クリッとした瞳がとても印象的。そして笑顔の威力も抜群でした。

 3月19日から始まる第92回選抜高等学校野球大会の「センバツ応援イメージキャラクター」に就任した注目美少女です。日本全国で総計7万枚張り出されるセンバツ応援ポスターのモデルのほか、さまざまなセンバツのPR活動に取り組む予定。

 米倉涼子(1992年)や上戸彩(1997年)を輩出した、2017年第15回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞。最近では、井頭愛海や尾碕真花(2012年)が受賞しており、グランプリより大成するともっぱら。オーディションの性格上、グランプリはオーディションが行われている時点で“最も美少女感がある”人が選ばれ、一方、審査員特別賞は審査員が“最も将来性を感じた”人が選ばれているのだと思います。その結果として、なんらかの傾向はあっても、具体的に誰が大成するかは、本人の才能と努力と運も影響するのかもしれません。とにかくグランプリに次ぐ、注目度の高い賞を受賞している注目株であることは確かです。同キャラクターはオスカープロモーションとタイアップで2013年からスタートしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る