井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

政治家は本当に鈍くてバカ 今こそ税金の使い方を考え直せ

公開日: 更新日:

 やっと、政府が小中高の学校を休校にした。当たり前のことだ。なのに政府内で「保護者が仕事を休まなければならない世帯に補償はどうするの?」と言い合っていたとか。政治家は本当に鈍くてバカだ。補償するしかないだろうが。それが政府だろ、県だろ、会社だろうが。一緒に補償するのが社会だろう。北海道なんか200万人集まった「さっぽろ雪まつり」に中国の武漢から来ていた観光客が感染発覚1号者で、道内全土に広がったために政府など関係なしに休校に入った。道庁は出勤できない人の生活補償をするつもりでいたのだろうか? 親たちに「会社を休めないならウイルスをばらまいてやる」と罵られないうちに、政府は休んだ社員に給料を払う会社には、1日当たり8330円を助成しますと決めたはいいが、個人事業主や自営業者には払わない。ふざけた話だ。一日仕事のフリーカメラマンなんて個人事業者だからダメなのか? 日雇い日払いの映画スタッフは製作現場のパートタイマーだし、スーパーのパート主婦と同じだから補償してもらえるんだろうか? 自由仕事の人間はいつもゴミ、あくた扱いだ。政府は今こそ、税金の使い方を考え直す時だぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る