井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

新型肺炎…文明病で人間の免疫力は間違いなく弱まっている

公開日: 更新日:

 シネコンの映画館に、「1917」という100年前の第1次世界大戦の戦場物語を見に行ったら、新型コロナ騒ぎのせいで、ロビーもガラガラ、客席もガラ空きどころか他にマスクをつけた2人しかいなくて、スクリーンを独り占めできた。さすがにマスクをつけたまま映画を見る気はなかったが……。でも、中身に集中できた分、戦地を動き回るその伝令兵の話、画面が技巧に走り過ぎていて、つまらなかった。前宣伝で聞いてた「全編ワンカット」なんて真っ赤なウソ。文明のなせる技、CG術でごまかして何とかワンカット画像に見えるようにつなげてるだけだった。

 映画なんてこけおどしだと言ってしまえばそれまでだが。アホらしくなって館外に出たら、駅前通りはマスク人間だらけ。こっちもマスクをつけたが、眼鏡が曇って歩くのも疎ましくなった。タクシーを拾ったら、運転手が「もう仕事切り上げて帰るところだったんですよ、感染客乗ってきたら大変だし」と騒いでいる。コロナに東京中が脅されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る