小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

喧嘩演じた内野聖陽さん 同じ演劇畑なのにハンパない迫力

公開日: 更新日:

 4月期の月9「SUITS/スーツ2」の公式LINEが開設したので、宣伝になるかと思い蟹江先生になりきって自動返信機能の甲斐先生とやりとりした様子をSNSにアップしたら、それがネットニュースになってしまい、「そんなことが!?」と目を白黒させてしまいました。まぁ、なりきり投稿は役作りの訓練になるので今後も続けるつもりです(織田さんへのアドリブ対策にも)! 小手伸也です。

 そんなわけで、ただいま鋭意撮影中のスーツ2なんですが、同クール放送のWOWOWドラマ「鉄の骨」の撮影も合間に入ってまして、ワタクシ先日そちらにも行ってまいりました。主演の神木隆之介くんとは去年「集団左遷!!」(TBS系)でご一緒してて、久しぶりの再会だったんですが、肩を叩かれるほど喜んでくださって、正直うれしい半面、確かに去年連絡先を交換してくれるほど興味を持っていただけたが……そもそも神木くんはいったい僕の何にハマってくれたんだろう(笑い)? 機会があったら聞いてみよう(聞けなかった)。

 で、その日の撮影、実は神木くんとその上司役である中村獅童さん、さらに2人の上役である内野聖陽さんにほぼケンカ腰で相対するシーンがあり、正直めちゃめちゃ緊張してました(冷や汗)。特に内野さんに対しては互いに一歩も引かず睨み合う必要があり、せりふも長く、「これは絶対に噛めない」と思うほど張りつめた空気。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず