佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

公開日: 更新日:

 ネット上の考察合戦や検証合戦の盛り上がりが終盤の視聴率を押し上げるのは、昨年の「あなたの番です」(日本テレビ)で実証済みだ。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏は「だから『テセウス』が数字を伸ばすのは分かるんですが、ベタすぎるラブコメの『恋つづ』がリアルタイムの視聴率を上げてくるとは意外でした」としながら、「でも、何となく分かる気もするんですよね」と、こう続ける。

「先日、居酒屋で飲んでいたら、周囲の推定30代後半から40代後半の複数の女性客のスマホが同時に鳴りました。見回すと、着信音を消している女性も、同時にスマホの画面に見入っていました。偶然にしてもちょっとおかしいなと思って、隣の女性に聞いてみたら、『タケル(佐藤健)のLINEだよ』って。佐藤の公式LINEがつくる“疑似恋人感”が、『恋つづ』をリアルタイムで見たくなるようにさせている部分も大きんじゃないかと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

もっと見る