ブルゾンちえみは“背水の陣” なぜ芸能人は海外留学を選ぶ

公開日: 更新日:

 3月いっぱいで所属事務所を退社し、海外留学すると、14日に報じられたお笑いタレントのブルゾンちえみ(29)。

 本名の藤原史織で活動は続けるというが、芸能プロ関係者は「時間の問題だと思っていました」と、こう続ける。

「ブルゾンは『35億!』が決めゼリフの“キャリアウーマン”ネタで2017年にブレークしましたが、そもそも本人もキャリア志向が強いんです。教員を目指して島根大学教育学部に進んだインテリで、以前から環境問題にも関心があった。ただの芸人で終わるつもりはなかったんです」

 8月で30歳という節目の年。ネット上の反応も〈まだまだ挑戦できる年齢〉〈環境を変える勇気は素晴らしい〉などと、おおむね好意的だ。イケメン評論家でラジオパーソナリティーの沖直実氏はこう言う。 

「早くに売れっ子になってしまったせいで、逆に5年後、10年後の自分に不安を感じたり、新しい“武器”を身につけたいと考えたとしても不思議はない。それに一度リセットして新しいことに挑戦しようにも、ブルゾンさんのような人気の芸能人は日本では顔が知られすぎていて、人の目だって気になるはずです。“顔バレ”していない新天地で、ゼロから自分を試してみたいと思ったのかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る