会見で力量不足を露呈…東出昌大は“汚れ役”に転向できるか

公開日: 更新日:

 3月17日、東出昌大(32)が今年1月に「週刊文春」に不倫を報じられてから初めて公の場に姿を現した。東出は20日公開のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実」のナレーションを担当している。つまりプロモーションのために担ぎ出されたわけだが、その効果はてきめんで、この日会場には100人を超える報道陣が集まった。

 頬がこけた東出は黒のスーツ姿で登壇。腰回りのダブつきはどうにも隠せなかった。

 この日、芸能関係者が注目したのは、ベテランから若手に至るまで、“杏ちゃん寄り”の芸能リポーターたちと東出がどう渡り合うかに尽きた。役者としての力量が改めて問われる場面だったといえるが、残念ながら、力量不足が露呈しただけで終わった。

 事前に取材陣との想定問答を用意し、一問一答のリハーサルも十分にこなして会見に臨んだはずだったが、「杏さんと唐田さん、どちらが好きですか?」のようなきわどい質問には、「お相手のこともあるので」と繰り返すばかり。動揺を抑えることができなかったのだろう。彼の視線が宙をさまよう様子が印象的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る