「十階のモスキート」現役警察官が落ちたサラ金の泥沼地獄

公開日: 更新日:

十階のモスキート(1983年 崔洋一監督)

 内田裕也が「水のないプール」(1982年)に続いて映画主演を務めた問題作。崔洋一の監督デビュー作でもある。

 舞台は千葉県君津市。交番に勤務する男(内田)は妻に愛想を尽かされて離婚し、悶々とした日々を送っている。警察の昇任試験を何度も受けているが、今回も不合格だった。その反動のように競艇にのめりこみ、別れた妻のTOSHIE(吉行和子)から月額12万円の養育費を払えと電話でうるさく催促される。

 競艇で負けたある日、男はサラ金でカネを借りる。このカネで負けを取り返そうとするが、舟券が紙くずになるばかり。警察手帳を見せてさらに複数のヤクザ系金融業者から借りまくり、当たり前のように多重債務の返済不能に陥る。やがて交番までヤクザが取り立てにくるようになり、男は泥沼地獄にはまるのだった……。

 80年代前半の世相が懐かしい。評論家の竹村健一はテレビであやしげな説教をたれ、群れた若者たちは原宿で踊り狂う。男の高校生の娘RIE(小泉今日子)も竹の子族のメンバーだ。いたずらにアメリカナイズした文化の中で親を親と思わない言動を吐き、生意気な女友達を引き連れて金欠の父親から万札を巻き上げていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    鈴木保奈美は「卒婚」か…夫・石橋貴明と別居報道の真相

もっと見る