「デトロイト」白人警官&軍隊が黒人青年をリンチした一夜

公開日: 更新日:

デトロイト(2017年 キャスリン・ビグロー監督)

 黒人男性が警察官の暴行で死亡したことに抗議するデモが米国やヨーロッパなどで起きている。デモ隊の一部が暴徒化し、トランプ大統領は一時、軍隊の出動まで口にした。米国映画にはこうした差別による暴動を背景にした作品が少なくない。この「デトロイト」もそのひとつ。デトロイト暴動の際に起きた「アルジェ・モーテル事件」を再現した。

 1967年7月、退役軍人を讃える式典が催されているミシガン州デトロイト市で、市警察が黒人が集まる酒場を摘発した。店主の逮捕に怒った市民が投石を始めて暴動が発生。そのさなか、パトロール中の白人警官クラウス(ウィル・ポールター)は窃盗犯らしき黒人を背後からショットガンで射殺する。上司は正当防衛でなく「殺人」と判断するが、クラウスはそのまま職務を続けることに。

 同じころ、地元出身バンドのラリー(アルジー・スミス)はアルジェ・モーテルにチェックインする。2人の白人女性と出会い、彼女たちの部屋へ。その部屋から黒人の青年が冗談のつもりでスポーツ用のスターターピストルを州兵に向けて発砲。モーテルに白人の警官と軍隊が駆けつけ、クラウスは職質もせずに黒人青年を射殺する。さらにラリーら黒人たちと白人女性を廊下に立たせて「誰が発砲したのか」と厳しく尋問し、白状しなければ一人ずつ殺すと脅す。こうして悪夢の一夜が始まるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  10. 10

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

もっと見る