銭ゲバ男が好奇心から巻き込まれた命からがらの「ゲーム」

公開日: 更新日:

ゲーム(1997年 デヴィッド・フィンチャー監督)

「サービスデザイン推進協議会」の事務所の一件は面白かった。当初はテレワークという理由で事務所が閉じられていたが、野党議員が視察に訪れた日は数人が働いていた。ところが翌日はガードマンがいるだけで、またも閉鎖中。どう見ても「幽霊法人」だ。この詐欺めいた光景から本作を思い出した。

 父の財産を受け継いだ投資家のニコラス(マイケル・ダグラス)は48歳の誕生日に弟のコンラッド(ショーン・ペン)から「CRS」という会社の紹介状をプレゼントされる。すごい体験ができるというのだ。彼は偶然知り合った紳士から「CRSは素晴らしい体験だった」と聞いて興味を抱き、同社の審査を受ける。

 そんなおり、自邸の玄関先でピエロの人形を発見。居間でチェックするとピエロの口から一本の鍵が出てくる。さらにテレビのキャスターが語りかけてくる。レストランではウェートレスに飲み物をかけられ、ウェーターから渡されたメッセージは「彼女を逃がすな」。ウェートレスとともに警察犬に追われ、正体不明の男たちに銃撃されるなど命からがらのゲームに付きまとわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    緊急事態宣言から2週間 首都圏は「全滅」感染爆発が加速

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る