江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

公開日: 更新日:

元カノの影響でフェミ男に“キャラ変”

 22歳年下の美女モデルとの結婚が明らかになったタレントの武田真治(47)。最近は筋肉体操でお茶の間にお馴染みのタレントだが、名うてのプレーボーイとしても知られ、「女は抱けるうちに抱いておいた方がいい」などとの持論をテレビで披露してきた。

「武田の女性遍歴で有名なのが元女優の江角マキコさん。1990年代後半にドラマ共演をきっかけに猛アタックして恋仲になったのだとか。6歳年上の江角さんに包容力を感じて甘えすぎて、破局してしまったそうですけど、このとき顎関節症に悩んでいた武田はその治療法として、江角さんから筋トレを勧められた。それで『フェミ男』と呼ばれていた優男路線からイメチェンしたそうです。とにかく、いい女との交際を人生のモチベーションにしているような印象です」とスポーツ紙芸能デスクは言う。

 筋トレに励むのも、出産の痛みを経験したくても経験できない男として、女の痛みをも理解できるようになりたいという動機もあるらしく、それが事実ならば、筋トレよりも女が上となるか。

国仲涼子に滝クリ…早々たるメンツの名前が浮上

 実際のところ、江角と破局後も、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」に出演の国仲涼子、ハーフのフリーアナで、小泉進次郎環境相と結婚した滝川クリステルら、その恋愛遍歴に有名人の名前が何人も挙げられている。東欧の美女やら、ロケ先の福岡でのお持ち帰りのエピソードもあり、あちこちで粉をかけていたことは間違いないようだ。

「結婚相手の静まなみは武田の通う歯科医で歯科衛生士をしており、そこで出会って同棲するようになり、『結婚を考えています』とテレビでも語っていた。都内スーパーで買い物袋の持ち手を片方ずつ持っている仲睦まじい姿がキャッチされており、一緒にジムに通うことのできない自粛生活中も、自宅で汗をかいていたんじゃないでしょうか」(前出の芸能デスク)

 今月1日に入籍、まだ妊娠していないそうだが、おめでたもそう遠くなさそうである。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「あれは15年以上前になりますが、当時、武田さんが住んでいたマンションで女子大生と同棲との情報があり、直撃取材を試みたものです。その取材の中で、武田さんがどうやら年下の女性が好みであると聞いたのを覚えています。そんな年下女性に、甘えるのだそうです。かと思えば、バイクでタンデムツーリングし、海岸線を走って、男らしいところもちゃんと見せる。そういうギャップで女性たちを魅了してきたのか分かりませんけど、最近は『子どもが欲しくなってきた』と口癖のように言っていたようです。50代も見えてきて、プレーボーイも当たり前の幸せを求めたのかも知れませんね」

 さんざん遊んだ末に、結婚したのが20代の美女だなんて、なんとも羨ましいプレーボーイ人生だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る