田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

公開日: 更新日:

「エール」第12週(6月15~19日)はスピンオフのオムニバス形式。3つの物語が展開した。どれもフィクションながら、実話からとったエピソードがふんだんに盛り込まれていたのが、3番目のオペラ歌手・双浦環と画家・今村嗣人の物語だった。パリに留学した双浦が今村と出会い、恋に落ちるというストーリーだ。

 双浦役はすでに重要な場面で何度も登場している柴咲コウ(38)。その相手役・今村を演じたのがロックバンドRIZEのドラマー金子ノブアキ(39)だ。大河ドラマ「麒麟がくる」にも起用されるなど、今、乗りに乗っている注目の役者である。朝ドラに出演するのは9年前の「おひさま」に続いて2度目。同作ではヒロイン(井上真央)の初恋相手を演じた。

 双浦のモデルはオペラ「蝶々夫人」で一躍スターダムにのし上がった三浦環。一方、今村は誰なのだろうか。役名に「嗣」が入っている点や、環と同時期に欧州に在留していた人物であることを考え合わせると、天才芸術家の称号を欲しいままにした藤田嗣治以外には考えられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事