田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

公開日: 更新日:

「エール」第11週(6月8~12日)で主人公・古山裕一(窪田正孝)が故郷の福島に凱旋を果たした。ところが、父・三郎は末期の胃がんにかかっていて、この週の最後にあの世に旅立つ。

 三郎は亡くなる間際、裕一の弟・浩二(佐久本宝)に家督を譲ることを告げる。浩二は故郷を捨て作曲家の道に進んだ裕一を許していなかった。福島に戻った兄への第一声は「よく帰ってこれたな」だった。だが、父の言葉を聞いて兄へのこれまでの怒りが急速に鎮まっていく。

 あまりシリアスになりすぎず、ちょっとコミカルなところも見せる三郎の態度がかえって涙を誘う。演じるのはあの大物俳優の唐沢寿明(57)である。さすがに巧い。

 デビュー後、なかなか芽が出ず、特撮番組の吹き替えなどでしのいでいた唐沢の名前が一躍、全国区になるのは88年下半期。朝の連ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演してからだ。ヒロインを演じたのは後にパートナーとなる山口智子(55)。この共演をきっかけに交際が始まり、95年無事ゴールインした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る