観月ありさ29年ぶり脇役レギュラー 高まる「極妻」待望論

公開日: 更新日:

「伝説の少女」が、いつの間にかこんなにも着物が似合うしっとりとした女性に……そんな風に感じた人も少なくないだろう。女優の観月ありさ(43)の話である。

「伝説の少女」とは、いまさら説明するまでもないが、1991年にリリースされた観月のデビューシングルのタイトル。観月はわずか14歳でこの曲を歌い、鮮烈な印象を残した。

 その観月といえば、2020年まで29年連続で「連ドラ主演」の記録の持ち主。

「観月は“伝説の少女”から29年、連ドラのレギュラー出演は主演以外やったことがなかった。ここ数年は“重要”な役で単発でゲスト出演することもありましたが、脇役でレギュラー出演するのは、次の連ドラが29年ぶりとなります」(テレビ誌ライター)

 観月の記録をストップさせた連ドラとは、浜辺美波(19)と横浜流星(23)がW主演する「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)。この夏スタート予定で、老舗の和菓子店を舞台に、15年前の殺人事件をめぐって愛と憎しみが交錯するサスペンスドラマだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る