“押尾問題”でお蔵入り「やまとなでしこ」復活のウラ事情

公開日: 更新日:

 女優の松嶋菜々子(46)が主演し、代表作となったフジテレビ系月9ドラマ「やまとなでしこ」が7月6日と13日、「20周年特別編」として放送されることになった。

 松嶋演じる玉の輿を狙うキャビンアテンダントと、彼女に恋をして職業を偽った堤真一(55)演じる相手役のラブコメディーだが、これまで“お蔵入り作品”だと思われていた。

「主要キャストのひとりだった元俳優の押尾学が、09年に保護責任者遺棄致死容疑などで逮捕・起訴され実刑判決をくらって服役し刑期を終えた。現在の各テレビ局のコンプライアンス的には刑期を終えたとはいえ、出演シーンは流せず、再放送は難しいと思われていました」(テレビ誌記者)

 しかし、今回の放送は2週にわたってのダイジェスト版のため「特別編」とされているが、この“特別”が各局にとっての“抜け道”になりそうだという。

「コロナ禍でドラマの撮影がストップしたため、TBS系では4月5日から3週連続で阿部寛主演の『下町ロケット』の特別総集編を放送。同ドラマでは、昨年、強制性交罪で逮捕・起訴され、同12月に懲役5年の実刑判決を受けるも、即日控訴した新井浩文被告がそれなりの役割を果たしていた。しかし、放送では新井被告のシーンは当然のようにカットされ見事な編集だった」(テレビ関係者)

 “お蔵入り”ドラマの復活はファンには朗報だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚