“押尾問題”でお蔵入り「やまとなでしこ」復活のウラ事情

公開日: 更新日:

 女優の松嶋菜々子(46)が主演し、代表作となったフジテレビ系月9ドラマ「やまとなでしこ」が7月6日と13日、「20周年特別編」として放送されることになった。

 松嶋演じる玉の輿を狙うキャビンアテンダントと、彼女に恋をして職業を偽った堤真一(55)演じる相手役のラブコメディーだが、これまで“お蔵入り作品”だと思われていた。

「主要キャストのひとりだった元俳優の押尾学が、09年に保護責任者遺棄致死容疑などで逮捕・起訴され実刑判決をくらって服役し刑期を終えた。現在の各テレビ局のコンプライアンス的には刑期を終えたとはいえ、出演シーンは流せず、再放送は難しいと思われていました」(テレビ誌記者)

 しかし、今回の放送は2週にわたってのダイジェスト版のため「特別編」とされているが、この“特別”が各局にとっての“抜け道”になりそうだという。

「コロナ禍でドラマの撮影がストップしたため、TBS系では4月5日から3週連続で阿部寛主演の『下町ロケット』の特別総集編を放送。同ドラマでは、昨年、強制性交罪で逮捕・起訴され、同12月に懲役5年の実刑判決を受けるも、即日控訴した新井浩文被告がそれなりの役割を果たしていた。しかし、放送では新井被告のシーンは当然のようにカットされ見事な編集だった」(テレビ関係者)

 “お蔵入り”ドラマの復活はファンには朗報だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由