ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

感染防止策を徹底…劇団カムカムミニキーナを見習うべきだ

公開日: 更新日:

 7月に入り、演劇界も席数を半分にするなどの対策をしながら、劇場にお客さまを迎えての公演が始まった。自分たちが最初のクラスター(集団感染)を起こしてはならないと、どこの団体もコロナ対策には最善の努力をして臨んでいる。

 しかし早くも最初のクラスターが発生してしまい、舞台関係者はまたぞろ不安な思いにかられている。どこで起きたかは犯人捜しにもなるので詳しくは書かないが、稽古から本番までの管理体制が厳しく問われている。

 終演後に面会禁止なのに出演者が出待ちのファンと会話していたとか、体調不良を知っていながら出演させていたなどの報道もある。

 しかし演劇の制作者サイドは、みな真剣なはずだ。今回の現場がそれほど緩んでいたとは思いたくはない。しかし、結果濃厚接触者のべ850人という事態に発展した。

 しかもこの問題は、ことこの公演だけの問題ではない。この影響を受けて、他の公演が初日前日に公演中止という憂き目にあった。知り合いも出ていただけになんとも気の毒な話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る