二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

公開日: 更新日:

 俳優の杉良太郎(75)が長年続けているボランティア活動についてリポーターから「支援は売名ですか」と問われ、「もちろん売名だよ」と即答。続けて「私がやってきたことを全部やってから同じ質問をしてくれ」と付け足すと、質問者は沈黙してしまった。

 語り草となっている杉のエピソードを聞き、昔の杉の取材体験が脳裏に浮かんだ。これまでスキャンダルとは無縁だった杉を取材したのは1990年代初期だったと思う。

■別居中の杉良太郎の楽屋を直撃

 杉は28歳のときに元女優と結婚。現在、俳優として活躍する山田純大を含め1男2女を育てた。昔の俳優はほとんど私生活が見えてこないなか、「別居中」の情報を得て取材に動いた。別居の確認はできたが、要因はわからないまま。別居の事実を確認すべく、いきなり杉に取材を申し出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る