二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

松田聖子はメディア翻弄…郷ひろみと破局し神田正輝と婚約

公開日: 更新日:

郷ひろみは「あんなセリフは言っていない」と

 破局騒ぎが大きくなった頃を見計らったように聖子自ら会見。「生まれ変わったら一緒になろうね」の名言が発せられた。円満を物語る別れの大半は聖子の号泣だったが、「大きな泣き声なのに、涙は出ていなかった」と指摘する細かいところに気づく女子の声に、「ぶりっ子」と呼ばれる聖子の演出をメディアは疑った。

 後に郷は「あんなセリフは言ってない。僕が生まれ変わって虫だったらどうするんだろう」と冗談交じりに話したが、「会見後に郷がすぐ反発することはないことがわかっていたからこそ飛び出した発言」という話もあった。

 世紀のカップルの破局も冷めやらず、わずか1カ月後、神田正輝との交際話が浮上。話が信憑性を増し出すと、2カ月後に神田と婚約会見を開いた。間髪を入れず2カ月後に目黒のサレジオ教会で挙式。郷との破局からあまりの急展開にメディアのほうが右往左往。本来、週刊誌の記事で芸能人が慌てるのが相場。最近も石田純一が女性誌の報道に抗議する様子は、慌てふためいているように見えるが、聖子の場合は逆。

 自ら新たな情報を発することで、「聞いてないよー」とメディアを慌てさせる。神田との結婚は、追いつ追われつのような「聖子VSメディア」の幕開けでもあった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク