二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

松田聖子はメディア翻弄…郷ひろみと破局し神田正輝と婚約

公開日: 更新日:

郷ひろみは「あんなセリフは言っていない」と

 破局騒ぎが大きくなった頃を見計らったように聖子自ら会見。「生まれ変わったら一緒になろうね」の名言が発せられた。円満を物語る別れの大半は聖子の号泣だったが、「大きな泣き声なのに、涙は出ていなかった」と指摘する細かいところに気づく女子の声に、「ぶりっ子」と呼ばれる聖子の演出をメディアは疑った。

 後に郷は「あんなセリフは言ってない。僕が生まれ変わって虫だったらどうするんだろう」と冗談交じりに話したが、「会見後に郷がすぐ反発することはないことがわかっていたからこそ飛び出した発言」という話もあった。

 世紀のカップルの破局も冷めやらず、わずか1カ月後、神田正輝との交際話が浮上。話が信憑性を増し出すと、2カ月後に神田と婚約会見を開いた。間髪を入れず2カ月後に目黒のサレジオ教会で挙式。郷との破局からあまりの急展開にメディアのほうが右往左往。本来、週刊誌の記事で芸能人が慌てるのが相場。最近も石田純一が女性誌の報道に抗議する様子は、慌てふためいているように見えるが、聖子の場合は逆。

 自ら新たな情報を発することで、「聞いてないよー」とメディアを慌てさせる。神田との結婚は、追いつ追われつのような「聖子VSメディア」の幕開けでもあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日