田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

「若鷺の歌」でタッグ 古関祐而と西條八十の海軍体験入隊

公開日: 更新日:

 第16週79話(10月1日)の冒頭で、音楽挺身隊を率いる小山田耕三(志村けん)が新加入隊員名簿に目をやり、古山音(二階堂ふみ)の名前を見つける。秘書が古山裕一(窪田正孝)の妻だと説明すると、小山田は複雑な表情を見せる。NHK公式アカウントによると、これが志村の最後の登場だという。もし生きていれば、まだまだ出演する場面はあったはず。その抜けた穴はあまりに大きい。

 5日からの第17週では、戦況がますます悪化。そんな中で古山裕一は「若鷲の歌」の作曲を手がける。作詞を担当したのは詩人で仏文学者の西條八十。流行作詞家としても、戦前戦中戦後を通じ活躍。「東京行進曲」「蘇州夜曲」「青い山脈」「王将」をはじめ、ヒット曲も数え切れない。「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね」と始まる角川映画「人間の証明」のテーマ曲も西條の詩をもとにしたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る