柴咲コウの“本心”は女優か経営者か 5年ぶり民放ドラマ主演

公開日: 更新日:

「5年ぶりの民放ドラマ主演」で注目を集めている。10月10日スタート予定の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系土曜夜10時)で主演を務める柴咲コウ(39)。

「柴咲の主演というだけで話題性は十分ですが、『家政婦のミタ』や『同期のサクラ』を手がけた遊川和彦氏のオリジナル脚本、脇に坂口健太郎橋本愛といった人気の若手や、田中哲司鈴木保奈美といったベテランを配した“完璧な布陣”です。『半沢直樹』ブームのおかげで視聴者の“ドラマ回帰”も進んだ。それだけに高視聴率が期待されています」(テレビ誌ライター)

 柴咲が演じるのは、1995年、10歳の時に不慮の事故に遭い、25年間病院で眠り続け、2020年、奇跡的に目を覚ました心は10歳の少女、体は35歳の大人という、かなりの“難役”だ。

「柴咲さんは演技派というよりスター性が勝っていますからね」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る