東山ジャニーズ残留の必然 錦織&植草はリストラに近い?

公開日: 更新日:

 先ごろ、今年35周年の3人組グループ「少年隊」から、錦織一清(55)と植草克秀(54)の2人が年内でジャニーズ事務所を退所と発表された。

「アイドルタレントも当然ながら年を取る。かつて一時代を築いた少年隊もベテランになりましたけど、事務所内に今もちゃんとしたポジションがあるのは東山だけ。錦織と植草の退所はリストラに近い状況にあったのでは」と芸能プロ関係者は言う。

 東山紀之(54)だけ残留となったことについて、ベテラン担当記者はこう言った。

「功績が違います。ヒガシは政治的に言えば保守本流。タッキー(滝沢秀明副社長)が若手の育成や指導を取り仕切るようになるまで、ずっとその役割を務めてきました。舞台に出るときは誰よりも早く楽屋入りして、腕立て伏せなどで入念に準備していく。そうしたストイックな姿勢を後輩に見せ、実力の引き上げに貢献してきたのです。そして今やジャニーズではマッチに続くポジションにして、役員でもある。ドラマ主演に情報番組の司会と、仕事でも第一線をキープしている。今更、独立する必要性はないし、ひとりだけ残留と聞いてもなにも不思議には思いません」

 2010年に女優の木村佳乃(44)と結婚し、2女が誕生。ジャニーズを背中で引っ張る東山が、最近、問題の多いジュニアら後輩タレントたちの良き手本となればいいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る