城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

公開日: 更新日:

少年隊」の錦織一清(55)と植草克秀(54)が、この年末でジャニーズ事務所を退所することが発表された。

 来年から東山紀之(53)も含めた3人が少年隊として活動することは基本的になくなるが、「少年隊」の名前は今後も存続し、錦織と植草が「少年隊の○○」と名乗ることも可能としている。

 僕は今回の退所にまったく驚きはなかった。彼らが23年にわたって毎年公演を続けてきたミュージカル「PLAYZONE」(プレゾン)が2008年に閉幕した後、少年隊としての活動はないに等しい状態で、3人がそれぞれ別の活動を続けてきていたからだ。

 僕は錦織の活動ぶりを見て、「ジャニーズを離れるのではないか……」と感じていた。彼は俳優でもあったが、舞台の演出家としての知名度を業界で拡大していた。まず故・つかこうへい氏のところで演出の勉強を3年間にわたって続けた。そしてジャニーズが手掛ける舞台の演出からスタートして、今やさまざまな商業演劇の演出を担当している。中止にはなったが、10月からも久本雅美、藤原紀香の「毒薬と老嬢」(三越劇場他)が予定されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る