“アラフィフ”稲垣吾郎 さらなる飛躍の鍵は真の脱アイドル

公開日: 更新日:

 元SMAPで俳優の稲垣吾郎(46)が都内で行われたファミリーマート「ブレンドコーヒー」のイベントに出席した。

 店頭に張られる自身のポスターを見て「ファミマにしょっちゅう行くので目の前に自分がいると恥ずかしいですね。並んでいる人に気付かれて見比べられたら……照れ笑いすると思います」と、相変わらずの貴公子ぶりを見せた。

 SMAPを卒業して4年。11月末には稲垣主演の手塚治虫原作の映画「ばるぼら」も公開予定。日・独・英の合作映画で、グローバル活動も着々と展開している。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「フットワークよく国際化を進めているのは小回りの利く新事務所ならでは。SMAP時代の歌を封印しても演技力で評価を得ているという裏付けでもある。ただ、『新しい地図』の3人もすでに40代半ば。次の展開を考えるなら、アイドル時代のように全て隠すよりも、各人の人間性を出していく方が新たなファンを獲得できるはず。地上波テレビへの思いやプライベートなど、自身の言葉でもっと詳細に語るようになれば同年代の男性らに広く共感を得られると思います」

「これからもコーヒーやワインのように余韻が残る男を目指して頑張っていきたいと思います」と語った稲垣。“脱アイドル”はこれからか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る