三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

長年の野望達成!松茸をバター焼きで食べる背徳感たるや…

公開日: 更新日:

 本格的に秋らしくなってきましたねぇ。何でも松茸が今年は豊作だそうで値段も相当安いので、先日岩手産の松茸を買ってきました。お金を出して松茸を買ったのは人生で初めて。これは私の長年の野望達成のためなんです。ある食べ方で松茸を食べたい! その食べ方とは「バター焼き」。

 松茸様に対してバター焼きとは不届き千万、無礼は承知しておりますが、これは私の地元信州上田が松茸の産地で、もう10年ほど前のやはり豊作の年にスナックのママさんが常連さんの持ち込んだ松茸をホットプレートでバター焼きにして食べさせてくれたことがあったんです。あまりのおいしさにびっくり! それからというもの、いつの日か松茸をバター焼きで食べられる人間になるという一心で仕事に励んできました。そして豊作の今年ついにそのチャンスが。

 メインはしゃぶしゃぶで残りの2本だけでしたが、食べるとバターが松茸の香りを増幅させてくれ、しかもバター焼きというシメジやエノキのような雑な扱いをしている背徳感もたまりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る