桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

熟女好きのテレ東 アラ還ビキニの宮崎美子はBSで割烹着姿

公開日: 更新日:

 宮崎美子(61)には驚かされた。デビュー40周年を記念してビキニ姿を披露したが、これが圧倒的好感をもって世間に受け入れられている。

 例えば、同じ世代の山咲千里(58)も55歳の時に、本人いわく「閉経記念」のヘアヌード写真集を出版したが話題にならず、それどころかネットで「誰トク!?」呼ばわりされた。それに比べて美子ちゃんときたら。熊本大在学中にミノルタ「X―7」のテレビCMに出演し大ブレークし、木陰でTシャツとジーパンをはにかみながら脱ぐあのシーンは40年経った今も目に焼き付いて離れないという人も多い。

 その後TBSポーラテレビ小説「元気です!」のヒロインに。さとう宗幸主演「2年B組仙八先生」や、「クイズダービー」にレギュラー出演して巨泉に「三段腹の美子ちゃん」とからかわれてもニコニコしていた。以来、インテリ女優としてクイズ番組の常連として出続けている。

 そんな美子ちゃんのビキニ姿が40年前と変わらない、むしろ、あの頃よりも引き締まったスタイル! なんといってもアマゾンのカレンダー新着ランキングで、日本中が大騒ぎの人気アニメ「鬼滅の刃」を抑え、堂々の1位となった。

 そんな宮崎が出演しているのがBSテレ東「どんぶり委員長」。グルメ系学園ドラマで宮崎演じるのは大衆料理「ハッピー」のおばちゃん。和服に白い割烹着がまぶしい。主演は伊原六花だが、お肌ツルツルのセーラー服の女子高生ピチピチギャルより割烹着の熟女が魅力的に見える。いずれにせよ、長寿国ニッポンで熟女需要がますます高まること間違いない。

名取裕子、麻生祐未、余貴美子、浅田美代子…熟女満載

 そんな時代にイチ早く気がついたのがテレ東で、今期の「共演NG」に中井貴一とダブル主演する鈴木京香(52)などは前回のこの4月も同時間帯「行列の女神~らーめん才遊記~」に主演した。テレ東はどんだけ京香好きなんだって話だ。

 しかも、「特命刑事 カクホの女」シリーズの名取裕子(63)や麻生祐未(57)、北大路欣也主演「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」の余貴美子(64)、寺島進主演「駐在刑事」シリーズの市毛良枝(70)や黒木瞳(60)、小泉孝太郎主演「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」では看護部長役で浅田美代子(64)ら熟女満載だ。
 

後輩・斉藤慶子がソワソワ?

 この流れはNHK朝ドラに波及、現在の「エール」も薬師丸ひろ子(56)や菊池桃子(52)が活躍。次作、杉咲花がヒロインの「おちょやん」も篠原涼子(47)、いしのようこ(52)といったかつてのアイドル、ネオ熟女たちが目白押しだ。宮崎の人気に続けとばかり、熟女水着グラビアブームなるか? 熊本大の後輩・斉藤慶子(59)あたりがソワソワしている!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る