嵐「アラフェス」の底力 経済効果300億円で鬼滅の刃超え

公開日: 更新日:

 嵐のラストコンサートにしてデビュー21周年の「アラフェス 2020 at 国立競技場」が3日オンライン配信された。本来は5月15、16日に開催される予定だったが、今回仕切り直しで事前収録型ライブ配信に。前日の2日にはツイッター「#嵐デビュー21周年」、当日は「#嵐の日」がトレンド1位を席巻。正午からファンクラブ会員向けの「生配信だョ 嵐会」の配信が開始されると、関連ワードが常時複数ランクインしている状態が続いた。

「アラフェス」はファンクラブ会員の投票によって選曲が決まり、12年の東京・旧国立競技場、翌13年に続き、今回7年ぶり3度目。16時30分からはファンクラブ会員限定の「PART1」、19時30分からは一般向けの「PART2」の2部に分かれており、熱烈なファンは両方視聴で9時間半の長丁場。食事を買い込んでまで配信にかじりつくファンも少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る