二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「社台ファーム」吉田代表は日本ダービーをさらりと当てた

公開日: 更新日:

 芸能以外にも事件や人物ものなど、さまざまなジャンルの取材をしてきた。どんなテーマでも、根底にあるのは人間に対する興味に変わりはない。

 秋のGⅠレースの真っただ中にある中央競馬。貴重な体験として思い出すのが、現在も多くの競走馬を送り出している競馬界の雄、「社台ファーム」の代表・吉田照哉氏の取材だった。

 北海道千歳市。社台ファームの広大な敷地の中に、競走馬のためのさまざまな施設とスタッフたちの居住地などが点在する。ファーム内はすべて馬が優先。

 案内されたのはドーム形の体育館のようなゲストハウスだった。馬主から調教師・騎手らのための宿泊施設があるだけでなく、1階には高級レストランのような食堂とバーなどが併設されている。東京でスカウトしてきたというコックが、ゲストのためにだけ腕を振るうイタリアンを堪能しながら取材は始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る