平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

司会は下北沢の安アパート暮らしの坂崎幸之助だった

公開日: 更新日:

 1975年に下北沢ロフトがオープン。32歳にして都内に3軒のライブハウスを経営することになり、とにかく興奮の日々だった。全国の新進気鋭のバンドが、若さのほとばしる音源をとったカセットテープを送ってきた。「今日のバンドはどんな音を出すのだろう?」「西荻窪、荻窪、下北沢……今晩はどの店に顔を出そうかな?」。贅沢な悩みを抱えていた。あの頃、入れたてのコーヒーの湯気の向こうに<新しいロックの時代>が見えたような気がしていた――。

 1979年9月1、2日に「第1回下北沢音楽祭」が行われた。

「音楽の街としてさらに飛躍しよう」と地元のロックバー「アダムス・アップル」、ロック居酒屋「ペーパー・ムーン」、ロック喫茶「独」、ジャズバー「レディ・ジェーン」にシモキタ・ロフトを加えた5店舗の共同開催として野外コンサートを計画した。本多劇場の建設予定地にスペースがある! ダメもとで頼んでみた。<ほぼ無償での貸し出し>を快諾していただいた。各店舗の若手たちを動員してステージを組んだ。メディアやレコード会社に金銭を含めた支援は頼まなかった。ターミナル駅近くで野外コンサート。入場料は2日通し券で2000円。すべてが画期的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る