平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

「笑っていいとも!」を使わせて欲しい…「いいとも!」

公開日: 更新日:

 わたしゃ若い連中によく言うんだ。「西荻窪や下北沢のロフトで山下洋輔トリオがライブをやってくれた。ピアノの山下洋輔さん、ドラムの森山威男さん、そしてサックスの坂田明さん。この黄金のトリオがロフトで演奏してくれた。どれだけうれしかったことか!」って。その坂田さんは広島大の水産学科を卒業してミジンコの研究者としても知られ、久しぶりに会ったら「東京薬科大生命科学部客員教授」「広島大大学院生物圏科学研究科客員教授」と書いてある名刺を持っていた。国民的スターになっていくタモリさんの生き証人に語り続けてもらおう。

  ◇  ◇  ◇

平野「タモリさんを世に送り出したのは山下洋輔さん、あと漫画家の赤塚不二夫さんに……」

坂田「それに(TVプロデューサーの)高平哲郎でしょう。彼とは今でも仲良くさせてもらっているが、とにかく<策士>と呼ぶにふさわしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る