てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

コロナ禍の今こそ渡辺えりは救われた「本職」に精を出す

公開日: 更新日:

 3年生の担任は作文を書いたり、歌を歌ったりすると、みんなの前で褒めてくれた。やがて自信がつき、5年生の頃には初めて脚本を書いて演出・主演を務め、大好評を得た。そして演劇にのめり込んでいった。

「上京した原因っていうのは、(大好きな)ジュリーと会って共演する、あわよくば結婚するみたいな。それと世の中を平等な社会にするっていう、この2つで。バカでしょ(笑い)」(NHK「スタジオパークからこんにちは」13年6月10日)

 そんなふうに笑う彼女だが、両親からの期待と自分のやりたいこととの間で進路に迷っているとき、「ガラスの動物園」という演劇を見て、救われた。その経験を機に、高校を卒業したら上京し、演劇の世界に身を投じる決意を固めたのだ。

 23歳の時、専門学校の仲間と劇団を旗揚げ。極貧の生活だったが、「プロをめざして夢いっぱいの私は、お腹が空いていても、週1回しか銭湯に行けなくても、おしゃれができなくても、まったくつらいと思ったことはありませんでした」(金融広報中央委員会「くらし塾 きんゆう塾」2016年秋号)と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る