てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

コロナ禍の今こそ渡辺えりは救われた「本職」に精を出す

公開日: 更新日:

「今も下積みよ。だって食えないんだもん、自分の演劇で」(渡辺えり/フジテレビ「ボクらの時代」11月22日放送)

 テレビや映画では名バイプレーヤーとして活躍。企画集団「オフィス3○○(さんじゅうまる)」を主宰する劇作家・演出家としても、数多くの舞台を作り出してきた渡辺えり(65)。彼女が語った言葉を今週は取り上げたい。つまり、彼女の「本職」は演劇に他ならないのだ。

 山形県に生まれ、祖母や両親から夜ごと、ふるさとの民話や童話を読み聞かせられた渡辺は、夢見がちで物語好きな子供に育った。物語の続きを自分で作るようになり、それを周りに聞かせると喜んでくれるので、それがうれしくて、また物語を作るような明るい子供だった。

 小学校に入学すると、その大きな体が原因でイジメにあうようになり、2年間近く不登校児になってしまった。それが変わるきっかけになったのが、2年生の終わり頃に行われた学芸会。そこで犬のお母さん役を演じた彼女は喝采を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る