立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

公開日: 更新日:

 一朝が前座になりたての頃(前座名・朝太郎)、末広亭の楽屋で働いていたら、立川談志が出番もないのに入ってきた。

「いきなり、『柳朝んとこに弟子が入ったらしいが、どいつだ?』と聞くので、『あたしです』と答えたら、『てめえか。柳朝みてえな野郎のどこがいいんだ!』と言い捨てて出て行っちゃった。談志師匠は前座時代にうちの師匠にいじめられたらしいんです。それでわざわざ弟子を見に来たんですね」

 談志のことだ。楽屋受けのパフォーマンスがあったろうが、本音もあったはずである。

「ところがその後、同期で仲が良かった左談次が、外遊する師匠を見送りに行くというので付いてったら、師匠の機嫌が良くなって、帰国後、お土産を頂いて。それからも、ホール落語会でお会いするたび声を掛けてくれました」

 一朝は笛を習っていたので、笛がうまい前座として、ホール落語会で重宝された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る