二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニーズはアイドル専門学校「人気と実力は別」とOB語る

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(11)

 ジャニーズ事務所の退所者が止まらない。昨年だけでも元SMAPの中居正広、元NEWSの手越祐也(写真)、山下智久少年隊植草克秀錦織一清も退所していった。今年もTOKIOの長瀬智也の退所が確実視されるなど、今後も退所者は続くと予想されている。

 かつて、ジャニーズの退所者はデビュー前のジュニアにはいたが、すでに活躍していたタレントは少なかった。それが17年のSMAPの解散・メンバー3人の退所を機に増え始めている。事務所の創設者にしてジャニーズのカリスマだったジャニー喜多川社長が亡くなったことも少なからず影響しているが、辞めていくほうが自然だと思う。

 ジャニーズは既成の芸能事務所と違い学校のようなものといわれている。それもアイドル専門学校。本来、芸能界志望者はそれぞれ俳優・歌手・芸人を志望して芸能事務所と契約するが、ジャニーズの場合、「アイドルになりたい」という動機で入ってくる子が大半。アイドルは一生続けるのは難しい。将来、どの道に進むかを選択する場としてあるのがアイドルの世界。医学部に例えれば、医学全般を学びながら自分の適性を考え、外科・内科など、将来、なにを専科にするか決めるのと似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る