二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(12)

 ジャニーズ事務所が新たに定年制を導入することが発表された。2023年3月から「満22歳以降、ジュニアに所属する者は活動継続について事務所と合意に至らない場合、活動終了となる」という制度を設ける。以前から指摘してきた事務所の弱点を補強する策を講じてきたのだと思う。

 ジャニーズはアイドル専門学校のようだといわれてきた。学校なら卒業があるはずなのに卒業の規定はない。結果、ジュニアのまま進学(デビュー)できずに、留年が長く続き年を重ねていく。途中、自主的に退学する者もいれば、不祥事を起こし退学させられる者もいる。

 アイドルとして活躍する子ばかりクローズアップされるのは仕方ないが、ジュニアの段階で退所していった子を何人も見てきたし、取材もしてきた。

■ジャニーズは初めて「進路」という言葉を使った

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る