浅沼父が無表情パンツ一丁で野菜炒めの皿を「ガシャーン」

公開日: 更新日:

 皆さま、どうも真栄田です。人間生きていると気まずいシーンに出くわすことってありますよね。

 学生時代、酔っぱらった内間が普段見せない笑顔で楽しそうにブスと歩いていた時。小学生の頃、吸うイメージのない友達のお母さんが急にたばこを吸い出した時。楽屋に挨拶に行った時にタモリさんが200年くらい前の古い本を読んでいた時(別に気まずくないか)。

 高校生の頃に浅沼という友達がいました。浅沼は南大東島から沖縄本島に出てきていて、アパートで一人暮らしをしていました。

 そのアパートはみんなのたまり場になり、麻雀をしたり、ゲームをしたり、CDで広瀬香美のロマンスの神様を300回くらいリピートして聴いてたりと夢の空間でした。

 ある日そんな夢空間に突然、招かざる客が。浅沼の親父が島から出てきたのです。親父は議員をやっていて性格も非常に厳しく、体格も安岡力也さんが「あ、こいつ俺より大きいな」と思うほど立派で異常な威圧感がありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る