二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

錦織は優秀な演出家でジャニー氏の後継ぎといわれていたが

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(24)

 相次ぐ所属タレントの不祥事や退所は滝沢秀明副社長にとってそう大きな影響はないが、誤算とみられる退所者もいた。

 小学6年でジャニーズに入所。昨年12月まで43年間、在籍した少年隊錦織一清(55)だ。近藤真彦に次ぐ年長者でもあった。

 少年隊のメンバーになった頃、「なんでもできる凄いヤツがいる」といわれていた錦織。「バック転」がジャニーズのお家芸といわれていた時代にあって、バック転どころか、すべての踊りにプロダンサー顔負けのキレと動きを見せ「凄いヤツが出てきた」と言わしめた。東山紀之も「出会った時には、すでに完成されていた」と言った。体育教師を目指していたほど運動神経はバツグン。音楽関係者も舌を巻いていた。

「ニッキがいることで、東山も植草(克秀)も刺激されるかのようにうまくなった。歴代のグループの中で今でも一番、踊りも歌もうまいといわれているのが少年隊。彼らならジャニーさんが描いていた世界進出も夢ではないという話でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

もっと見る