マー君経済効果は黒田超え57億円 年俸9億円“ベラボー”一蹴

公開日: 更新日:

「非常に大きな経済効果をもたらします」

 こう言うのは、関大名誉教授の宮本勝浩氏(理論経済学)。

 同氏は17日、楽天田中将大(32)がヤンキースから8年ぶりに楽天へ復帰したことで、本拠地のある宮城県にもたらす経済効果が年間約57億1697万円に上るとの試算を発表した。

 これは、黒田博樹が2015年にメジャーから広島へ復帰した際の約52億2582万円を上回る。前出の宮本氏は「田中さんはすでにグッズやシーズンシートの売り上げを伸ばしている。非常に人気が高い方です。黒田さんの時と比べても、インパクトは大きいとみています」と話す。

 実際、楽天のキャンプ地はコロナ禍にもかかわらず、多くの報道陣が田中の一挙手一投足を追い、その動向は連日、メディアで報道されている。復帰が決まった際には、ロイターなどの海外メディアも報じるなど、楽天の名前が世界中に発信された。それだけでも十分に宣伝効果を得られるわけだが、田中一人でこれだけ莫大な経済効果をもたらすのであれば、10億円規模の高額年俸であっても、十分に元が取れるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る