踏んだり蹴ったり! 沖縄脱出の修学旅行なのに当日大寝坊

公開日: 更新日:

 皆さんどうも、真栄田です。思春期の頃って、繊細で本当にちょっとしたことをすごく気にしますよね。中学生の頃に修学旅行があり、自分にとっては初めて沖縄から出る旅にものすごくワクワクしていました。

 前日の夜は布団の中でいろんな想像をして「よし、友達とあそこに行って、次はあそこに行こう」と考えているうちに、女子のことを想像して手がアソコに行っていました。

 そんな愚行の結果、当日になんと寝坊。友達と空港までタクシーに乗っていく予定だったのに、待ち合わせ時間に間に合わずパニック。当時は携帯もなく、友達と連絡も取れなかったので、ものすごく不安で、「神様、助けて下さい。もう二度と大事なイベントの前日はアソコを触らないと誓います。大事じゃない日だけ触ります」と神と交渉しました。

 すると神が命じたのか親父が「俺が送るから、急いで準備しろ」と言ってきました。普通なら「助かった」と思うはずですが、その時の僕の心は「えー! それだけは勘弁してくれ」という気持ちでした。本当にしょうもないのですが、その頃の我が家の車がボロボロの軽自動車だったのです。僕はこの一大事に親父の愛より、「友達にこんなカッコ悪い車を見られたらまずい」と、人にどう見られるかだけを気にしたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る