「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

公開日: 更新日:

 1月期の連ドラ戦線も終盤へ。世帯視聴率では、初回16.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったTBS「天国と地獄~サイコな2人~」(日曜夜9時)の逃げ切りか。

「第2話以降、徐々に数字を落として一時は13%台になりましたが、第6話で14.7%と盛り返しています。主演の綾瀬はるかさんと高橋一生さんの“入れ替わり”演技と、森下桂子さんの脚本を称賛する声が多く、さらに数字を上げてくるでしょう」(テレビ誌記者)

 それに続くのが、同じTBSの上白石萌音(23)主演「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜夜10時)。昨年同時期に放送されて話題になった“恋つづ”こと「恋は続くよどこまでも」と同じ主演・スタッフによるラブコメディーで、初回は“恋つづ”を上回る初回11.4%、以降もほぼ11%台をキープしている。

「ラブコメが得意なTBS火曜10時枠だからといって、“二番煎じ感”が色濃いこのドラマが、健闘どころかこれほどの数字を取れるとは思いませんでした。ここまでくれば、終盤にかけてさらに伸びてきそうです」(構成作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る